トップ > 食彩人 > 食について考える > 国際化とは2
食と生活ラボ 食と生活ラボ


食と生活ラボ
会社案内
ニュース
  お知らせ
著書紹介
 
 

毎週火・金更新
ブログ記事
彩りのある食や人生(食彩人)についての情報やビジネスのヒントなどを毎週更新します!
きゃりあ塾
講習会のお知らせ
食育リーダー養成講座
食ビジネス・プロジェクト
中食ビジネス創造研究会
ファシリテーション
ご案内
食彩人
食について考える
食ライフ・クリエイター

みなさまからのコメント
 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

牟田さんお久しぶりです。中東たらい回し生活(?)丸5…

牟田様こんにちは。 海の砂漠化、おそろしいです…

牟田先生殿 前回のセミナーとても勉強になりまし…

ご指摘ありがとうございます。さっそく、訂正致しました。

新鮮な話題と持ちは話題の後は(を)じゃないの?

私は、この記事に???です。 【放射性物質がゼロと…

18時から20時に変更と記載がありますが、勘違いして…

自分はサーモンが苦手です。脂っこいし何か独特の生臭さ…


トラックバック



みなさまからのコメントと
トラックバックについて


個人情報の取り扱いについて
食彩人

「食彩人」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事
国際化とは2

 人材のグローバル化、企業の国際化といった文字をよく目にします。
以前、このブログ記事でも「国際化とは」というテーマで取り上げたことがあります(2009年11月27日付)。
ですから、今回はこれに続く 続編ということで、「国際化とは2」とタイトルをつけました。

2009年11月27日付「国際化とは」のブログ記事はこちら



 大学のオープンキャンパスの案内などをみると、必ずと言っていいほど、「国際人」とか「グローバル」といった文字を見かけます。
 これからは、ビジネスや活動の舞台は、日本だけでなく世界となり、それに十分応えることができる人材を大学で養成しようということらしいです。
その特徴として、語学教育や海外留学制度、海外の大学との単位認定などをうたっています。

 企業でも、社内での公用語を英語にする会社が出てきました。 大手商社では、新入社員全員を海外研修させるなど「人材の国際化」に活発に取り組んでいます。


 8月4日と5日に全国高等学校家庭クラブ指導者養成講座というのが東京で開催され、招待されて伺ってきました。
その様子はこちら

その養成講座では、日本の素晴らしい食文化についてお話と体験学習を担当しました。 そして、まずは自分の国のことについて、自らの口で話ができることこそ国際化ではないかというお話をさせていただきました。


 それから数日後、日本に住んでいた経験のある米国人女性(現在は米国在住)と話をする機会があり、この国際化について話を聞いてみました。
「米国では、国際化についてどういう教育をしているの?」
彼女の答えは非常に興味深いものでした。


「国際化」といっているのは、世界でも「日本」だけではないかというのです。
本人も日本に来るにあたって、外国だからと特に意識したことはなかったといいます。
ヨーロッパも多くの地域がEUの元にあり、国境はあっても、ビジネスは一つの圏内。 東南アジアからも、出稼ぎで海外のあらゆるところに出ています。


 米国の大学でも、グローバル人材を養成するとか国際化をめざすといった教育を柱にしている
大学はないのではないかというのが彼女の感想でした。


 繰り返しになりますが、我々日本人は、日本の地理や文化や歴史についてあまりにも知らなさすぎる。 語学の勉強も大切ですが、もっともっと日本自身を知る機会を多く持つようにしたいものです。



2011.08.16 10:32:08 | 食彩人 | コメント (0) | トラックバック (0)

「食彩人」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事



この記事へみなさまからのコメント

この記事へコメントはこちらから
お名前
コメント

トラックバック
この記事のトラックバックURL http://shoku-labo.com/mt/mt-tb.cgi/1353

有限会社 食と生活ラボ
〒142-0064 東京都品川区旗の台3-7-12
(c) shoku to seikatsu labo Inc.