トップ > 食ビジネス・プロジェクト > ファシリテーション > 心理テクニック26 7:3の法則 (2016.3.31)
食と生活ラボ 食と生活ラボ


食と生活ラボ
会社案内
ニュース
  お知らせ
著書紹介
 
 

毎週火・金更新
ブログ記事
彩りのある食や人生(食彩人)についての情報やビジネスのヒントなどを毎週更新します!
きゃりあ塾
講習会のお知らせ
食育リーダー養成講座
食ビジネス・プロジェクト
中食ビジネス創造研究会
ファシリテーション
ご案内
食彩人
食について考える
食ライフ・クリエイター

みなさまからのコメント
 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

牟田さんお久しぶりです。中東たらい回し生活(?)丸5…

牟田様こんにちは。 海の砂漠化、おそろしいです…

牟田先生殿 前回のセミナーとても勉強になりまし…

ご指摘ありがとうございます。さっそく、訂正致しました。

新鮮な話題と持ちは話題の後は(を)じゃないの?

私は、この記事に???です。 【放射性物質がゼロと…

18時から20時に変更と記載がありますが、勘違いして…

自分はサーモンが苦手です。脂っこいし何か独特の生臭さ…


トラックバック



みなさまからのコメントと
トラックバックについて


個人情報の取り扱いについて
食ビジネス・プロジェクト

「食ビジネス・プロジェクト」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事
心理テクニック26 7:3の法則 (2016.3.31)

 昨日は8:2の法則を取り上げました。
いわゆる「パレートの法則」というもの。
今日は、数字の比率を変えて「7:3の法則」について。


 知っておくと何かに役に立つかも。


*過去のブログをご覧になるには、左上の<食ビジネス・プロジェクト>の中の<ファシリテーション>をクリックしてください。



 「7:3の法則」というとすごそうですね。 正直に言うと「法則」というほどのものではありません。
昔からよく言われていたことです。


 いくつか例を・・・


 企業経営において、変えてはいけないもの、変えるべきものの比率を7:3にする。
既存のお客さを7、 新規のお客様を3とすると業績の維持向上の比率。

 
 人と話しをする時に、相手の話を聞くのが7、こちらが話すのが3が円滑なコミュニケーションが取れる。


 知っていることが7、知らないことが3 あると、勉強してみたいという意欲がわく。


 どれも科学的根拠があるわけではありませんが、何となくそんな気がしませんか?


 今日の仕事も、「頑張るのが7、休憩するのが3」 程度で過ごしてみたらどうでしょう。


因みに「パレートの法則」については、こちらをどうぞ。


2016.03.31 05:21:39 | 食ビジネス・プロジェクト | コメント (0) | トラックバック (0)

「食ビジネス・プロジェクト」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事



この記事へみなさまからのコメント

この記事へコメントはこちらから
お名前
コメント

トラックバック
この記事のトラックバックURL http://shoku-labo.com/mt/mt-tb.cgi/1898

有限会社 食と生活ラボ
〒142-0064 東京都品川区旗の台3-7-12
(c) shoku to seikatsu labo Inc.