トップ > 食彩人 > 食について考える > こういう時だからこそ原則に戻る
食と生活ラボ 食と生活ラボ


食と生活ラボ
会社案内
ニュース
  お知らせ
著書紹介
 
 

毎週火・金更新
ブログ記事
彩りのある食や人生(食彩人)についての情報やビジネスのヒントなどを毎週更新します!
きゃりあ塾
講習会のお知らせ
食育リーダー養成講座
食ビジネス・プロジェクト
中食ビジネス創造研究会
ファシリテーション
ご案内
食彩人
食について考える
食ライフ・クリエイター

みなさまからのコメント
 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

 食べれないほどの畑の野菜で相変わらず「すたれもの料…

牟田さんお久しぶりです。中東たらい回し生活(?)丸5…

牟田様こんにちは。 海の砂漠化、おそろしいです…

牟田先生殿 前回のセミナーとても勉強になりまし…

ご指摘ありがとうございます。さっそく、訂正致しました。

新鮮な話題と持ちは話題の後は(を)じゃないの?

私は、この記事に???です。 【放射性物質がゼロと…

18時から20時に変更と記載がありますが、勘違いして…

自分はサーモンが苦手です。脂っこいし何か独特の生臭さ…


トラックバック



みなさまからのコメントと
トラックバックについて


個人情報の取り扱いについて
食彩人

「食彩人」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事
こういう時だからこそ原則に戻る

モノが売れない、客数が伸びない、客単価が下降している
さて、どうすべきか。
こういう時だからこそ原則に戻ることが必要と考えます。
その原則とはなんでしょう?

先日大手菓子問屋のサンエス様の展示会に伺いました。
そこで、アメリカ小売業の10のキーワードというのが紹介されていました。

これは、そのまま今の日本のマーケットにも当てはまる気がしました。



十のキーワード(出典:株式会社サンエス)


1. Customer focus
もう一度自店のお客様を見直そう

2. Shopping experience
「物品供給業」から「買い物体験提供業へ」

3. Convenience is still King
利便性がお客さまにとって一番の価値

4. Back to home
家庭回帰

5. More additional Item/Trip
もう一品・もう一回

6. Can "Center Store" survive?
「センターストア」は生き残れるか

7. Navigation for Shopping
買い物を簡単に

8. In store merchandising
買い場づくりは基本を徹底

9. Private brand & Low price
生活防衛への対応

10.Low cost
ローコスト運営が競争力を生む




これらのキーワードはいずれも新しいものではなく、昔から言われていたことです。
つまり、原則に戻るということなのでしょうか。
この原則とは、消費者が生活していく上で何が必要か。
景気が悪いからと言って、何も買わない、何も持たない、何も食べないということはあり得ません。
自分が消費者だったらどういう行動をとり、どういうものをどうやって買うか?
そう考えた時、今の売り方はどう映るでしょうか。
当たり前のことですが、原則に戻るとは、自分が消費者に戻ってみるということです。


2010.02.23 09:59:19 | 食彩人 | コメント (0) | トラックバック (0)

「食彩人」一覧ページへ 前の記事 | 次の記事



この記事へみなさまからのコメント

この記事へコメントはこちらから
お名前
コメント

トラックバック
この記事のトラックバックURL http://shoku-labo.com/mt/mt-tb.cgi/1248

有限会社 食と生活ラボ
〒142-0064 東京都品川区旗の台3-7-12
(c) shoku to seikatsu labo Inc.